「明確な目標があったおかげでアクティブに活動できました!」宇田愛臨さんのシアトル語学留学

シアトルに3ヶ月留学されていた宇田愛臨さん

シアトルに3ヶ月語学留学と動物保護センターでボランティアやフィールドワークをされていた宇田愛臨さん

 

■今回、取材させていただいた留学PERSON

 

留学体験談インタビューマガジン『留学Person』。

今回インタビューさせていただいたのは、アメリカのシアトルに3ヶ月間留学されていた宇田愛臨さん(うだあいりんさん、以下、愛臨さん)です。

愛臨さんは、大学を卒業後、製薬会社(動物用医薬品の会社)でMRとして働かれた後に「海外で語学と動物をテーマとして留学をしたい!」と思い、テンプホールディングスさんの「チャレンジウーマン・スカラシップ」の奨学金システムを使い社会人留学を決意。

現地では、1ヶ月間、語学学校に通われた後、シアトルやアメリカの動物保護団体でのボランティアやフィールドワークを経験されました。

英語の他に、人生のキーワードである「動物」について様々な事を学んできた愛臨さん。今回は、そんな愛臨さんのシアトルでの留学ストーリーをお届けします。

 

■「30歳になる前の今がタイミング!」と思い留学を決意!Facebookで偶然見つけた奨学金制度がきっかけに

ハンバーガーショップにて

 

–愛臨さん、本日はよろしくお願いします。

はい、よろしくお願いします!

 

–まずは、愛臨さんがしていた留学について教えていただけますか?

 

はい、主にアメリカのシアトルで1ヶ月語学学校に通い、その後の2ヶ月間は現地で動物をテーマとしたフィールドワークを行っていました。

 

–フィールドワークというと具体的にどのような事をされていたのでしょうか?

フィールドワーク中に訪れたサンフランシスコの研修施設

フィールドワーク中に訪れたサンフランシスコの研修施設

 

フィールドワークで主にしていたのは「動物保護団体でのボランティア」、そして「ペットショップ、ドックパーク、ペットホテルなどの視察やインタビュー」です。

 

1ヶ月目は、シアトルの動物保護団体で、犬のトレーニングの研修(現地のボランティア向けのトレーニングプログララム)を受けたりボランティア活動をし、2ヶ月目以降は、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ポートランドなどシアトル以外の州の動物保護団体やペットショップなどでインタビューをしました。

 

 

–なるほど、語学留学+動物をテーマとした活動をされていたのですね。ところで、留学をされようと思ったきっかけはなんでしたか?

カナダのワーホリ中に、馬牧場・有機ファームでwooferとして働いていた時の写真

カナダのワーホリ中に、馬牧場・有機ファームで働いていた時の写真

 

 

はい、実は、大学時代にカナダでワーホリで10ヶ月ほど留学していたのですが、その時に「自分には本当に海外が肌に合うなぁ」と感じていました。そして、日本に帰ってから「もう一度海外に行こう!」とずっと思っていたのが大きな理由です。

 

後、次に海外に行く時は「留学+動物の事を何か学びたい」と思っていたので、今回の留学では「動物」をテーマフィールドワークを行いました。私の人生で動物はキーワードとして外せないので。

 

–留学をするタイミングを決めたきっかけ、また留学場所をシアトルにされた理由は何でしたか?

 

ワーホリの年齢制限が30歳という事もあって、30までにはもう一度海外に出ようと決めていました。

大学を卒業して、しばらくは地元の愛媛を離れ、東京で働いていたのですが、30を前にした時に「そろそろ海外に行くタイミングだなぁ。」と思って、留学について調べ始めました。

イギリスのワーホリなども含め、海外に行く方法を色々と考えていた時に偶然、テンプホールディングスの奨学金制度をFacebookで見つけて応募する事にしました。

 

–あっ、きっかけはFacebookなんですね。

 

はい、そうなんです(笑)本当に偶然私のタイムラインに上がってきて。

 

–今風ですね(笑)ちなみに留学先をシアトルにされた理由は何かありましたか?

 

シアトルに決めた理由は、その奨学金の制度で、留学先がシアトルかシドニーだったので、「オーストラリアはその後にワーホリで行くかもしれないから、アメリカにしよう!」と思って、シアトルにしました。

 

→【2/3次ページ】テンプホールディングスで得た明確な目標が、留学生活をアクティブにしてくれました! 

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

 
 
榎本 晋作
28歳の時にワーキングホリデーでイギリスに。ロンドンでは留学エージェントの立ち上げを経験。在英中に立ち上げた自身のブログは日本ブログ村PV(アクセス)ランキング1位。帰国後『イギリス・ワーホリ留学ガイドブック』を電子書籍にて出版し、Amazon海外留学対策ランキング1位を獲得。高3時点での英語の偏差値は32。(今でも苦手です。)