クルクメール代表の篠田ちひろさんと。大学時代にカンボジアで2度インターンシップをしていた鹽井晴香(しおいはるか)さん。(向って左)

 

こんばんは、いつもご愛読ありがとうございます♪

海外留学体験談インタビューマガジン
留学Person(@ryugakuperson)広報部です!

 

次回の留学Personは、鹽井晴香(しおいはるか)さんのカンボジアインターンシップ、そして国際協力です

皆さん、「途上国でインターンシップしてみよう!」と思った事は考えた事はありますか?

近年、「海外インターン」や「セカ就(海外で就職する)」などの言葉が少しづつ定着しつつありますが、「実際はどのようなものだったか?」「行った後の人生にどう影響したか?」などは、まだまだ知る機会が少ないと思います。

そこで、今回は、晴香さんに、「海外インターンシップに行ったきっかけや現地での活動」、そして「2度のインターンシップを経験した事がその後に人生にどのように影響したのか?」をたっぷり伺ってきました!

 

カンボジアに行くまでは「国際協力の意味ってなんだろう?」と思っていた晴香さんの悶々(もんもん)とした思いを吹っ切ってくれたカンボジアでの体験はどのようなものだったのか!?

 

配信時間は明日、2016年9月23日(金曜日)18:00。配信のお知らせは、留学Person公式Facebookページ公式Twitterにて♪

皆さん、ぜひお楽しみに〜^^!

 

留学Person編集部

 

【追記】

配信開始しました!

→「国際協力って何?」カンボジアでのインターン経験を通じてわかったこと。(鹽井晴香さん)

 

【お知らせ】

途上国での経験がどうキャリアに役立つのか興味がある人はこちらの記事もおすすめです!

→大学院卒業後に、青年海外協力隊の「野菜栽培」隊員としてパナマへ!(宮﨑大輔さん)

 

 

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket