女子大生がアフリカでインターン!?21歳の少女がタンザニアで得た物とは!?(松本如沙希さん)

大学4年時に休学にタンザニアに途上国インターンシップをしていた松本如沙希さん大学4年時に休学して、タンザニアにてインターンシップをしていた松本如沙希さん。

 

■今回、取材させていただいた留学Person

海外留学体験談インタビューマガジン留学Person。

今回、取材させていただいたのは、松本如沙希(まつもときさき)さんです。(以下、松本さん)

松本さんは、大学4年時に休学をし、アフリカ大陸のタンザニアでインターンシップを経験。

現地では、電力量り売りサービスを提供する会社にて、言葉や文化の壁に苦しみながらも、営業や事務作業など、さまざまな職務を務められました。

近年、注目されている”途上国インターン”。

しかし、いざ女子大生が行くとなると、色々と心配な事も多いのではないでしょうか?

また、「現地でどのような仕事ができて、インターンをする事でどのような事が得られるのか?」なども気になる所ですよね。

今回の留学Personの松本さんも、出発前、そして現地でも多くの困難に直面されました。

それでも、持ち前の芯の強さで困難を乗り越えていった松本さん。

果たして、「就職前の半年間でかけがえのない経験をした!」とまで強く語った、松本さんのインターンシップストーリーはどのようなものだったのでしょうか?

今回は、その女子大生が経験した途上国インターンシップの始まりから終わりまで余すことなくお伝えします!

 

■留学の次は海外インターン!海外って面白い!

インターン先のオフィスにて。インターンシップ先のオフィスにて。

 

-松本さん、今日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

 

-松本さんは、いつ海外インターンシップに行かれたのですか?

大学3年生が終わる2015年3月から、大学4年生になった2015年9月の半年間です。

 

-どこの国に行ったのですか?

アフリカの東側にある“タンザニア”という国です。

 

-タンザニア!どんな所なのか想像ができないです。。そもそもどうして海外インターンシップへ行こうと思われたのですか

アメリカに留学していた頃。アメリカに留学していた頃。

 

私が、海外インターンシップ、また、それを途上国でしようと思った理由は大きなもので2つありました。

1つ目は、タンザニアへ行く前にした交換留学です。

10ヶ月ほどアメリカの大学に交換留学で行っていたのですが、その時に「海外って面白い」と感じ、「もう一度海外に行ってみたい」と思ったんです。

もちろん、留学中は、楽しいことばかりではなく、辛いこともありましたが、「自分の中の価値観」がどんどん広がっていくのを感じていきました

 

-なるほど。事前の留学経験から、海外に滞在することが好きになったのですね。では、もう1つの理由はなんですか?

もう1つは、「留学はもうしたから、今度はインターンシップをしてみたい!」と思ったことです。

あと、私は、それまで発展途上国へ行ったことがなかったので、「行くなら途上国へ行こう!」とも思い、途上国インターンをしようと思いました。

 

-実際に海外インターンに行こうと思ってから、実現するまではどのように準備をされましたか?

まずは、インターネットで情報を探しはじめて、海外インターンについて詳しいエージェントを見つけたので、問い合わせをしてみました。

 

-そこから実際に海外インターン先を紹介してもらったのですか?

松本さんが相談した海外インターンシップエージェント松本さんがお世話になった方が立ち上げた海外インターンシップエージェントサイト

 

はい。今は独立して、別の名前でやられているようなのですが、そこのカウンセラーさんと相談して、色々とご紹介いただきました。

 

-それでタンザニアに?

はい。ただ、最初はタンザニアだけではなく、私の中ではインドも候補に挙がっていました。

それを伝え、インターン生として、インドでフリーペーパーを作る仕事を紹介していただいたのですが、「フリーペーパーの仕事」という内容に魅力を感じられずに迷ってしまって。

 

-国もそうですが、仕事内容は確かに重要ですよね?そこでタンザニアが候補に?

はい、その後「アフリカでのインターンもあるよ!」と情報をいただいたんです。

タンザニアで、電力量り売りビジネスを展開する会社だったのですが、仕事内容もおもしろそうでしたので、タンザニアに行くことに決めました。

 

 

→【次ページ2/4】待ち受けていた、親の反対、そして出発前にまさかのトラブルが!

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

 
 
嶋谷梨沙
フリーランスライター。大学3年生の春にオーストラリア(ケアンズ)で3週間の語学留学。その後、休学して1年間のカナダへ2回目の留学。以降、ケニアやカンボジアなどの国で様々な活動を行う。キーワードは「ロハス」「マラソン」「ソーシャル」。2016年1月よりハネムーンマラソンに出発し、現在一周中。