私がイギリスの語学学校で学んだ事(熊木萌恵さんのロンドン留学)

大学を休学してロンドンに語学留学をしていていた熊木萌(くまきもえ)さん

大学を休学してロンドンに語学留学をしていていた熊木萌恵(くまきもえ)さん

 

■今回、取材させていただいた留学PERSON

 

海外留学体験談インタビューマガジン留学Person。

今回インタビューさせていただいたのは、ロンドン留学帰りの女子大生、熊木萌恵さん(くまきもえ、以下、萌恵さん)です。

萌恵さんは、大学3年生になる前に休学をして9ヶ月の語学留学を決意。留学中は、語学学校で一般英語(General English)、IELTS、ビジネス英語など様々なコースを受講されました。

「語学学校の授業ってどんな感じなんだろう?」

そのような疑問をもたれている方は非常に多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、萌恵さんに語学学校での授業の様子や、学校で参加したプログラムなどについて伺ってきました!

 

■イギリス英語に憧れ、休学してロンドン留学へ!

語学学校の友だちたちと
語学学校の友人たちと

 

–萌恵さん、本日はよろしくお願いします!

はい、よろしくお願いします!

 

–まず、萌恵さんの留学経験について聞かせていただけますか?

2014年の5月から今年の2月まで約9ヶ月、大学を休学してロンドンに語学留学していました。

 

–という事は今は大学何年生?

大学3年生になる前に休学したので、今は復学して3年生です。

 

–2度目の3年生ですか?

違います!休学なので、3年生をするのは1回目です!

 

–失礼しました(汗)留学先をイギリスにされた理由は何だったのでしょうか?

ロンドンバス

 

ちっちゃい理由が色々あった感じなのですが、一番大きかったのは「イギリスが好きで、イギリス英語が話したかった」という事でした。

あと、私は「bay Girls campus」という大学生でやっているラジオ番組のレポーターをやっているので、「イギリスのラジオの雰囲気を知りたかった」というものもありました。

あっ、あと、映画の『ハイスクールミュージカル』のような、インターナショナルな空間にも憧れていたのもあります。私、憧れがベースで行動しちゃうんです!

 

–なるほど、つまり萌恵さんにとってイギリスはまさに憧れの国だったんですね。渡英前の英語力についてはいかがでしたか?

 

中学生の頃から、ずっとディズニーチャンネルでドラマや映画や音楽を観ていたのと、英検2級は持っていたので、そこまでできない部類ではなかったと思います。

ですので、「私、多分、向こうでも聞けるし話せるんだろうなぁ」と思って行ったんですけど、痛い目にあいました(笑)

 

–痛い目とは?

ホームステイ先のホストファミリー

ホームステイ先のホストファミリー

 

まず、いきなりホームステイ先で、ホストマザーの言ってることは分からなくて。。。

あと、街でも全然英語が聞きとれませんでした。スーパーの店員さんの「Do you need a bag?(バックいりますか?)」さえわからず「Pardon?」と聞き返してしまいました。

日本の学校だと、わからない時は「Pardon?」って習うじゃないですか。でも、これもこの場面では失礼な言い方だってわからなくて。。。

今考えると、英語ができると思って行ったのですが、「聞けないし、話せなかったんだなぁ」と思います。

 

→【次ページ2/3】いよいよ、ロンドン留学!語学学校の授業とはどのような事をするのか!?

 

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

 
 
榎本 晋作
28歳の時にワーキングホリデーでイギリスに。ロンドンでは留学エージェントの立ち上げを経験。在英中に立ち上げた自身のブログは日本ブログ村PV(アクセス)ランキング1位。帰国後『イギリス・ワーホリ留学ガイドブック』を電子書籍にて出版し、Amazon海外留学対策ランキング1位を獲得。高3時点での英語の偏差値は32。(今でも苦手です。)