ヨーロッパに安く留学できる!?フォルケホイスコーレ@デンマーク(本間範良さん)

 

クラスメイトとクラスメイトと。

 

–ホイスコーレの1日は、どのような生活なのですか?

まず、朝起きたら、朝ご飯食べて、9時くらいから朝の会みたいなのがあります。

 

–朝の会!?

コペハーゲンの国立美術館コペハーゲンの国立美術館。デンマークは美術館が多いので美術館めぐりにおすすめだそうです!

 

はい、そこで色々と先生から報告を受けるんです。

そして、朝の会の締めでみんなで英語の歌を歌います。その後に掃除があって、終わると授業になります。

それで放課後や、授業時間以外は、自由時間でした。

 

 

–本当に、学校みたいですね。

はい、一般的には、一応、wikipediaに「日本でいう大学の位置づけにある学校組織である」と書いてあるのですが、その辺はまるで小学校みたいな感じでした。

 

–ちなみに授業も、小学校みたいな感じで1時間目から最後までずっとあったのですか?

いや、授業は好きなものを自分で自由に選べました。

ですので、これは日本の大学に似たような感じだったと思います。朝から始まるものもあれば、20時からスタートする遅いものもありました。

 

–寮生活なんですよね、門限はありましたか?

授業後に行っていたパブ授業後に行っていたパブ。

 

門限は特にはなかったです。

だから、授業終わってから飲みにいったりもしましたよ。学校から10分か15分くらいのところに繁華街があったので、そこに飲みに行ったりとか、あとは普通に学校内で飲んだりとかもしました。

 

–クラスメイトとの飲み会楽しそうですね!ちなみにクラスメイトはどんな人がいましたか?

卒業式でクラスメイトと卒業式でクラスメイトと

 

デンマーク人が半分くらい締めるんですけど、その他ではデンマーク周辺の国の人が多かったです。チェコ、ドイツ、ブルガリアなどのような。

後は、スペイン、アメリカ、スリランカ、ナイジェリア、ベトナムとか結構インターナショナルでした。僕の時は、結構日本人も多かったです。

 

 

–やはり、ヨーロッパ人が多いのですね。

はい、どうやら、ヨーロッパ人の方が日本人よりも、学費がさらに安いらしいんですよ。

僕は1タームだったので2ヶ月半だったんですけど、だいたいの人は2タームで半年くらいいる感じでした。後、一回どこかのホイスコーレに行って、違うホイスコーレ行ったりする人もいるんですよ。

 

–結構長く通う事もできるんですね!生徒の年齢はどうでした?

スリランカ人の友達とスリランカ人の友達と。

 

年代は結構ばらばらでしたが、20代と30代は多かったです。

でも、18歳以上でしたら年齢制限なく入れるので、40代、50代もまばらだけどいましたし、革命を経験している60代のチェコ人がいるかと思えば、10代の子もいたりもしました。

ちなみに、そのチェコ人のおじさんは60代なんですけど、かなりごつかったです(笑)。

 

–幅広いのですね。

はい、でも、留学中はあまり「誰が何歳」とか気になりませんでした。

というのも、ヨーロッパにいると年齢はあまり気にならないんですよ。

 

–留学中は色んな人と出会えるのがいい所ですよね。生徒数は多かったのですか?

イベント中の様子イベント中の様子。

 

僕の学校は全校生徒はそんなに多くないので70〜80人程度でした。

 

–ちなみに寮は2人部屋だったりするんですか?

1人部屋も2人部屋もどちらもありました。

僕は、「違う国籍の人と住んだ方が楽しいかなぁ。」と思って2人部屋の方を希望していたのですが1人部屋になってしまいました。

2人部屋のほうが確か安くて人気だったのか、埋まってしまっていて。。

 

–あっ、でも一応希望は出せるんですね。ちなみに食事はどんなものが出ましたか?

学校のシェフ。学校のシェフ。メニューを発表してくれるそうです。

 

食事は朝昼晩ついてて、ジャガイモとかチキンとか、パエリア的な米の炒めたやつとか色々出ました。

シェフがいて、色々な料理を出してくれるんですけど、にんにく系の料理が多かった時は女子から不評でした(笑)。

おもしろかったのが、給食係のような人がいて、係の人は食事を並べたり、片付けをしたりするんですよ。

 

–本当に小学校みたいですね(笑)

はい(笑)。

後、想像通り食事を片付ける時も、日本人は比較的真面目だったんですけど、他の人はかなりいい加減な人もいました(笑)。

 

→【次ページ3/3】ホイスコーレの授業はどんな科目があるの!?

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

 
 
榎本 晋作
28歳の時にワーキングホリデーでイギリスに。ロンドンでは留学エージェントの立ち上げを経験。在英中に立ち上げた自身のブログは日本ブログ村PV(アクセス)ランキング1位。帰国後『イギリス・ワーホリ留学ガイドブック』を電子書籍にて出版し、Amazon海外留学対策ランキング1位を獲得。高3時点での英語の偏差値は32。(今でも苦手です。)