地方の女子大生が大都市ロンドンに留学!そのギャップの中で得たものとは?(野路彩也香さん)

語学学校の友人たちと。語学学校のクラスメイトと、日本食レストランにて。

■大学の教授と協力しながら、インターネット検索で留学プランを作成!

 

―留学計画はどのように立てられたのですか?留学エージェントを使ったのでしょうか?

留学エージェントを使う手もあったのですが、私は大学の教授から「自分で調べて準備すると達成感もあるし、自信になるんじゃない?」というアドバイスをいただいたので、自力で留学計画を作りました。

もちろん、留学エージェントを使っても全然大丈夫だと思いますし、私も最初はエージェントさんに学校について聞いたりもしていました。

 

―なるほど、留学については、大学の教授に相談されていたのですね。

はい、その教授が、以前イギリスで勉強されていたみたいでしたので、色々と相談に乗ってくれたり、手伝ったりしてくれたんです。

おかげで、学校選びやビザ申請など、1個ずつネットで資料をダウンロードしながら、無事に準備を進める事ができました。

 

―ちなみに、語学学校はどうやって決めたんですか?

ロンドン中心部、ピカデリーサーカスの風景ロンドン中心部、リージェントストリートの風景。

 

主にインターネット検索が多かったです。

最初は行き先の都市もロンドンに決めてなかったので、まずは、留学支援サイトに載っている学校をばーっといっぱい見る事からでした。

そこから気に入ったものを何校か選ぶ感じです。あっ、あと、雑誌もよく見てました。

 

―検索は日本語でするのですか?

私の場合は、英語と日本語の両方でしてました。

ただ、学校のサイトも日本語版がある所が多かったですし、留学支援サイトも、日本語なので日本語だけでもかなり情報が集まると思います。

 

―学校を選んだポイントは何でした?

ミュージカル劇場などで有名な中心地「ラッセルスクエア」ミュージカル劇場などで有名な中心地「ラッセルスクエア」。

 

授業が少ない学校です!

 

―え!?授業が少ない学校?

はい。なにせ、11ヶ月もいるので、「午前と午後どっちも、授業を詰めてしまうと疲れてしまいそうだな」と思いまして。

あと、授業が多い分費用も高くなってしまうので、授業は1日3時間程度で考えていました。

 

→【次ページ3/4】「ICカードって何!?」大都会ロンドンがさやかさんに与えた洗礼とは!?

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

 
 
森谷美穂
大学時代の3度の語学留学をきっかけに「人(友達)を通して、他人ごとだった世界が自分ごとに変わる素晴らしさ」に開眼。自身の経験から「国や国籍を超えてお互いを思いやる気持ち」を少しでも多くの人に広めたいと思い、留学Personに参画。趣味は旅に出る事(31ヵ国)。英語圏に限らず、キューバ、ヨルダンなど世界中に翼を広げている。