「これならイギリスで働ける!」ロンドンワーホリライフ(田村千菜美さん)

ワーホリ(YMS)でイギリスに行かれていた田村千菜美さん

ワーホリ(YMS)でイギリスに行かれていた田村千菜美さん

 

■今回、取材させていただいた留学Person

 

海外留学体験談インタビューマガジン留学Person。

今回インタビューさせていただいたのは、大学生四年生の時に休学をし、イギリスにワーキングホリデー(以下、ワーホリ)で行かれていた田村千菜美さんです。(たむらちなみ、以下、千菜美さん)

今回のインタビューのテーマは「イギリスで働く!」

「海外で働いてみたいけど、どんな仕事ができるのか気になる。」「生活できるほどの収入は得られるか?」「仕事で使う英語はどのようなものなのか?」など様々、疑問に持つ方は多いのではないでしょうか?

そこで、ロンドンで3つのお仕事をされていた千菜美さんの「実体験、仕事の探し方、そしてロンドン生活で見つけた夢」について伺ってきました!

 

 

■3週間の語学留学中にワーホリを決意!

ジュ テームの壁@パリ

小旅行で行ったパリのジュテームの壁。

 

 

–千菜美さん、本日はよろしくお願いします!

はい、よろしくお願いします!

 

–千菜美さんはロンドンでワーホリをされていたのですか?

 

大学四年生の時に、ロンドンに10ヵ月YMSで行っていました。

 

※YMS:イギリスで一般的にワーホリと呼ばれているものの正式名称(Youth Mobility Scheme)の頭文字を取った略称。他の国のワーホリと違い、2年間フルタイムでの就労が可能。

 

–なぜ、学生の時にワーホリに行こうと?

パブで出会ったサッカー長友選手似の男性

ロンドンのパブで出会ったサッカー長友選手似のブラジル人男性。

 

実は、「ワーホリをしよう!」と思ったきっかけも、ロンドンでの出来事でした。

ワーホリをする前の大学三年生の時に、ロンドンに3週間の語学留学に行っていてたんです。それで、その時に、漠然と「ロンドンに住みたいなぁ」と思うくらいロンドンが好きになりました。

その時に他の生徒からワーホリの制度を教えてもらって、「これなら、ロンドンに住んで働けるんだ!」と思いワーホリに応募しようと思いました。

 

–長期の語学留学という手もあったと思うのですが、なぜワーホリを?

 

正直に言うと、その時の語学学校が思ったよりおもしろくなくて。。それで、ずっと、「語学学校に通わなくても、イギリスにいれる方法」を探していたんです。

 

–なるほど。なぜ、最初の留学先をロンドンに?

語学学校の友達と

語学学校の友達と。

 

これは正直勢いでした。友達が「私、夏にオックスフォードに留学するの。」と言っていたので「じゃ、私はロンドンに行く!」という流れです。

 

–すごい勢いですね(笑)

 

はい(笑)

後は、『天使なんかじゃない』という矢沢あいさんのマンガで、マミリンというキャラクターがいるんですけど、そのマミリンがイギリスに留学した事や、世代的に『ハリーポッター』にハマっていた事もイギリスに行こうと思った理由にありました。マンガや映画で、自然とイギリスへの憧れが強くなっていたのだと思います。

 

–「英語を学びたい」というよりもマンガや映画からの憧れが強かったのですね。

 

いや、留学を決めたのは勢いでしたけど、やはり一番強い動機は「本場のクイーンズイングリッシュを学びたい」という想いでした!

 

 

–ですよね、失礼しました(汗)大学を休学する事に対する周りの反対はありませんでしたか?

ロンドンのナイツブリッジになる巨大デパート、ハロッズ

ロンドンのナイツブリッジにある巨大デパート、ハロッズ。

 

はい、ありました。親に「(短期留学の)次は長期でロンドン行く!」と伝えたら、「何をバカな事言ってるの!」という感じでした。。

ただ、短期留学をした翌年の1月にイギリスのワーホリ*の抽選に申し込んだら運よく当たったので、「これはロンドンが私を呼んでいる!」と思って行く事にしました。

 

※イギリスのワーホリは、毎年1月に抽選に応募して当選者が行けるシステム。

 

–休学する事に対する不安はありませんでしたか?

私の場合は結構特殊なのかもしれないのですが、通っていた学部が、5年で卒業する人が多かったので、あまり休学について不安に感じないで済みました。

 

–なるほど、同じ環境の人が周りにいるというのは心強いですね!

 

→【次ページ2/3】ロンドンでの仕事探しの方法とは!?

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

 
 
榎本 晋作
28歳の時にワーキングホリデーでイギリスに。ロンドンでは留学エージェントの立ち上げを経験。在英中に立ち上げた自身のブログは日本ブログ村PV(アクセス)ランキング1位。帰国後『イギリス・ワーホリ留学ガイドブック』を電子書籍にて出版し、Amazon海外留学対策ランキング1位を獲得。高3時点での英語の偏差値は32。(今でも苦手です。)