25歳女子、転職前にカナダでワーホリ!英語環境の仕事で、帰国後キャリアアップ!(三浦かすみさん)

 

学校の卒業のとき学校卒業のとき。

 

■語学学校選びは現地で!?かすみさんが学校を決めた3つのポイント!

 

–語学学校って現地で選べるのですか?

はい、私は現地に行ってから選んだのでできると思いますよ。

日本では、1ヶ月分のホームステイだけ先に決めておいて、出発してから学校に行って決めるという流れです。

 

–そうか、ワーホリだとそんなことできたんですね!それって、バンクーバーに到着してから自力で探したのですか?

 

いえ、これは日本にいるうちに、留学エージェントさんにお願いして、事前に5つほど”体験授業”を受けられる学校をリストアップしてもらっていました。

それで、私は現地に到着したら、最初の週は、それぞれの学校で”体験授業”を受けて、気に入った学校をエージェントに伝えて、入学です。

 

–留学エージェントさんに”体験授業”をお願いしてもらうことができるんですね!

はい、これは私の場合、相談したのが「現地エージェント」だったというのもあったのかもしれませんが、お願いしたらリストアップしてくれましたよ。

 

–”現地エージェント”なんてあるんですね!でも、出発前に学校を決めていかないのは不安じゃなかったですか?

バンクーバーで通っていた学校の教室。通っていた学校の教室。

 

確かに、日本で学校を決めていった方が安心かもしれないですよね。

でも、私の場合「せっかく高いお金を出して2,3ヶ月も行くのであれば、やっぱり自分に合ったところにしたい!」と思っていて、逆に日本で決める方が心配だったくらいです。

それに、体験授業に行く学校は、日本にいる時からリストアップしてもらっていると、「現地に到着してから何をすればいいか」はわかるので、学校を決めていかない事にそこまで心配はありませんでした。

 

–到着翌日に何をすればいいかわかっていれば安心かもですね!でも、学校を決めてかないでも、カナダに入国できるものなんですね。

はい、私の経験なので、確実かはわからないのですが、”ワーホリ”は働くためのビザで、”学生ビザ”ではないので、学校が決まってなくても、入国はできましたよ

 

–なるほど、学校決めてなくてもワーホリビザは取れるんですね。ちなみにビザ申請は、かすみさんが自分でやられたんですか?

かすみさんがビザ申請情報を手に入れたワーホリシロップかすみさんがビザ申請情報を手に入れたサイト「ワーホリシロップ」。

 

はい、ビザ申請は、自分で全部できました。

というのも、「ワーホリシロップ」というサイトがあって、そこにビザ申請の仕方が全部載っていたんですよ!

それを見て、必要書類をダウンロードして、そのサイト見て記入をしました。

それで、「その書類を指定のメールアドレスに添付して送った後に、カナダの行政機関からメールが来たら終わり」って感じでした。

 

–すごい!そんな便利なサイトがあるんですね!それで、結局、最終的にどのような基準で学校は選ばれたのですか?

私の場合、ゆっくりと勉強したかったこともあって、重視したのは「あまりカッチリしてなくて、ゆるい雰囲気の学校」という所でした。

あとは「日本人が少なく、多国籍」「アクティビティがしっかりとしている所」というので、最終的には選びました。

 

–アクティビティとは?

学校のアクティビティのハロウィンパーティ学校のアクティビティのハロウィンパーティ。

 

“アクティビティ”は、授業以外の自由参加イベントのようなものです。

「ボーリング」や「新入生歓迎パーティ@パブ」みたいなイベントを、学校が企画してくれるんですよ。

 

–なんか、パーティーチックなのが多いですね(汗)。

いえいえ、レジャーのような物もあるんですけど、「英語を勉強するアクティビティ」も多かったですよ。

例えば、放課後、毎日1時間ほど行なわれている“カンバセーションクラブ”というものがあるんですけど、これはディスカッションやゲームで、スピーキングの学習をするものでした。

人数も最大12人くらいで、多すぎないですし、この時に「実用的な英語表現」や、「スラング」なども教えてくれるので、すごく勉強になるんです。

 

–あっ、それも、すごく楽しそうですね!

アクティビティの予定が載っているカレンダーアクティビティの予定が載っているカレンダー。

 

はい、アクティビティは、学校のクラスの垣根がないので、別のクラスの友達ができたり、そこでみんなと楽しみながら色んな会話ができるので、すごく好きでした。

楽しいだけではなくて、英語力アップにも役立つので、私は行ける時はほぼ毎回参加してたくらいです。

あと、季節ごとのイベントもあって、私の時は「ハロウィンパレード」を観に行ったりしてました!

 

–それ、ハマっちゃいそうですね!ちなみに、アクティビティって、どうやって参加するのですか?

パブでのアクティビティ中。パブでのアクティビティ中。

 

うちの学校の場合は、特別な申請は必要なくて、「掲示板のようなものに、名前を書けば参加申請完了」という感じでした。

ただ、ある程度人数が集まらないと、開催されないものもありましたので、それは学校のFacebookページでお知らせが来るので、そこで確かめるシステムでした。

 

–あっ、学校のFacebookページがあるんですね!

はい、アクティビティ担当の先生が毎日「今日はここに行くよ〜。」言うのを、毎朝アップロードしてくれてるんです。

 

–ちなみに、学校選びで大事だと言っていた「アクティビティがしっかりとしている」というのは、どのような所がしっかりとしているのですか?

アクティビティでイベントに行った時アクティビティでイベントに行った時。

 

色々とポイントはあるのですが、例えば「土日もやっているかどうか」です。平日しかやっていない所もありますので。

あとは、「学校が開催しているかどうか」というのもありました。業者に外注している所もあったりするらしくて。

私の通った所は、語学学校の先生がアクティビティを主催してくれていたので、すごくしっかりとしていたと思います。

 

–学校の違いなんて、全然想像もつかなかったんですけど、知らないと結構損しちゃいそうですね(汗)。日本人の数はいかがでしたか?

日本人は、最初の頃は、いなかったです。私のクラスは、ブラジル人が2人で他は主に韓国人みたいな状況でしたので。

ただ、1か月後くらいに日本人が2人くらい入ってきて、逆に安心しました(笑)。

 

–安心するんですか!?そこ(笑)。

バンクーバー五輪開催地、ウィスラーの風景。バンクーバー五輪開催地、ウィスラーの風景。

 

安心したと言うのは、「日本人が入ってきたから」というか、1ヶ月もすると、「だんだん学校に慣れてきたから」というのが大きいんですけどね(笑)。

というのも、最初の1〜2週間くらいは、結構ビビっちゃって、クラスの中でも全然しゃべれなくて。

でも、クラスメイトは入れ替わりでどんどん変わって行くので、クラスにいる期間が長くなると、だんだんいる期間が長い人が「クラスの長(おさ)」というかまとめ役みたいになっていくんですよ。

そうすると、「あっ、私、発言してもいいんだ!」みたいな感じで、がんがんしゃべれるようになってくるんです(笑)。

 

–なるほど、クラスメイトが変わると役割も変わってくるんですね(笑)。でも、日本人が来たりすると、日本語しゃべっちゃいません?

それは、「イングリッシュ・オンリー・ポリシー(英語しかしゃべってはいけない)」というのが学校のルールであったので、大丈夫でした。

韓国人の子が多い学校だったんですけど、彼女たちも、「学校内で韓国語をしゃべるとレッドカード!」みたいな感じでした。

 

–学校によってはそんなルールもあるんですね。でも、英語だったら韓国人も日本人も見分けつかなさそうですね(笑)。

はい、多分、私も韓国人だと思われていたかもしれません(苦笑)。

 

–ちなみに、語学学校の期間を3ヶ月にされたのは理由があったのですかクラスメイトたちと食事に言った時。
クラスメイトたちと食事に言った時。

 

そこはあまり深く考えていたわけではなくて、最初は「1ヶ月か、2ヶ月くらいでいいかなぁ。」って思ってたんですけど、「やっぱり、3か月くらい行く人が一番多いし、私も3ヶ月にしようかなぁ。」という感じでした。

あと、エージェントの方から「3ヶ月以上行くと割引がありますよ」という事を聞いていましたので。

 

–語学学校って「どれくらい行けばいいか?」が全然わからないんですけど、3ヶ月で十分だと思いますか?「半年くらい行った方がいい」とも聞くのですが?

それは、行く前の英語力や目的にによると思うのですが、長くいると上のクラスもなくなってきますし、学校生活もかなりマンネリ化してしまうので、半年もいたらかなりきつかったと思います(汗)。

私の場合、行った学校が小さかったので、それはなおさらでした。

 

–なるほど、長く行くなら、大きな学校の方がよいかもですね。ちなみに3ヶ月でどれくらい英語力がつきましたか?

そこそこはできるようになったと思います。日常生活レベルや買い物がなんなくできるくらいには。

ただ、今から思うと、本当に英語力がついたと思ったのは、学校よりも仕事を経験したからだったと感じています。

 

→【次ページ3/4】カナダで英語環境の仕事を見つける方法は!?

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

 
 
榎本 晋作
28歳の時にワーキングホリデーでイギリスに。ロンドンでは留学エージェントの立ち上げを経験。在英中に立ち上げた自身のブログは日本ブログ村PV(アクセス)ランキング1位。帰国後『イギリス・ワーホリ留学ガイドブック』を電子書籍にて出版し、Amazon海外留学対策ランキング1位を獲得。高3時点での英語の偏差値は32。(今でも苦手です。)