費用は50万円!?23歳で憧れのオーストラリアワーホリに!(井上ななみさん)

井上ななみさん

23歳の頃にオーストラリアにワーキングホリデーに行かれた井上ななみさん

 

■今回、取材させていただいた留学PERSON

 

海外留学体験談インタビューマガジン留学Person。

今回インタビューさせていただいたのは、井上ななみさん(以下、ななみさん)です。小さい頃から「海外で暮らしてみたい!」いう憧れを持っていたななみさんは、23歳の時にワーキングホリデーでオーストラリアへ。

現地では、シドニーで語学学校やアルバイトをされた後に、カナーボンへ渡りファームジョブを経験されました。驚くべき事に渡豪前の貯金はなんと50万円しかなかったそうです。

 

「ワーホリしてみたいけど、費用の事が気になる。」
「私もいつか海外で暮らしてみたい!」

という読者の方も多いのではないのでしょうか。

そこで、今回は費用、英語力、慣れない生活習慣など様々な困難に直面しながらも、持ち前の明るい性格で乗り越えて行ったななみさんのワーホリストーリーをインタビューしてきました♪

 

「海外で暮らしてみたい!」という思いがワーホリをした一番の理由でした。

シドニーの語学学校で先生と

シドニーの語学学校で先生と

 

–ななみさん、本日はよろしくお願いします。

はい、よろしくお願いします。

 

–まず、ななみさんの海外体験について教えてください。

はい、23歳の時に、ワーホリで1年間オーストラリアのシドニーに行っていました。

渡豪して最初の頃は、語学学校に3ヶ月通い、途中からジャパレスで働きました。7ヶ月目からはシドニーからカナーボンという田舎街に移動し、ファームステイ(農場で働く)を3ヶ月ほどして、最後にシティ(シドニー)にいったん戻ってから帰国した感じです。

 

ジャパレスとは:ジャパニーズレストランの略称。ワーホリの人は日本食屋はでよくアルバイトをします♪

 

–行った時期が23歳って、結構若いですね。社会人になってからですか?

シドニーで友人たちと

シドニーで友人たちと

 

はい、そうです。それまでしていた仕事を出発半年前に辞めて、バイトしながら準備をして出発しました。

 

–なるほど、なぜワーホリに行こうと思ったのですか?

 

「海外で暮らしてみたい!」という思いが一番の理由でした。

子どもの頃に海外旅行に連れて行ってもらった事がきっかけで、海外での生活や英語に興味が出てきて。そのうちに、だんだん海外に憧れをいだくようになっていったんです。

 

–どうして、オーストラリアにされたのですか?

シドニーの夜景

シドニーの夜景

 

正直に言うと、オーストラリアに決めたのは本当になんとなくでした(笑)

ネットで検索してたら、ワーホリで有名な国に、オーストラリアやニュージーランドが出てきて。カナダや他の国も考えたのですが「暖かい方がほうがいいかなぁ」と思いまして。

 

–確かに気候大事ですよね!費用の面は大丈夫だったのですか?

いや、実は、費用はかなり少なかったので大変でした。。

日本の銀行にはほぼ空っぽの状態にして、50万円だけ握りしめて行った出発したので本当にギリギリで。。。

 

–50万円って、一般的にワーホリで必要と言われている金額よりだいぶ少ないですね(汗)

語学学校の友達とビーチにて

語学学校の友達とビーチにて

 

はい、ほんとそうですよね(汗)なので、最初の語学学校の費用払ったら、その後はしばらく「その日暮らし」状態でした。ジャパレスの給料も安かったので。。

家賃の支払いが1週間ごとだったんですけど、家賃を払ったら一安心みたいな(汗)

 

–だいぶチャレンジャーですね。

確かに、そうかもしれませんね。でも、今から思うと、行く前は「費用がどれくらい必要か?」がよくわかってなかっただけだと思います(笑)

 

–ワーホリの準備ってビザ申請とか色々ありますよね。それはどうされたのですか?

 

準備は全部自力でやりました。わからない所はネットで検索しまくって、なんとか乗り切った感じです。

 

–えっ、それでできちゃうものなのですか?

ブルーマウンテンに行ったときの絶景

オーストラリアの世界遺産「ブルー・マウンテンズ」に行ったときの絶景

 

全然大丈夫でしたよ。ネットで「ビザの取り方」とか調べたら、画像付きで申請手順や記入方法も全部出てたので。

ビザ申請のサイトは、英語だったので、単語の意味とか全然わからなかったのですが、そういうサイトが何個あったおかげでなんとかなりました。

 

–なるほど、インターネットってやはりすごいですね。でも、なんとか自力でできたという事は英語はまぁまぁできたのですか?

 

いや、正直、全然できませんでした。とにかく、書かれている英語が何がなんだかわからなかったので、検索しまくってなんとかしました。

ビザセンターからのメール見て「あっ、多分これ(ビザの)審査通っているよね!」と思って、オープンチケット(帰国後が自由に決められるチケット)を取って「もう行かなきゃ!」と思って出発した感じでした。

 

–終始、リスクヘッジしてなさそうなのに、チケットは片道ではなかったのですね(笑)

はい、お金なかったので、一応帰りのチケットを準備しておかないと心配で。。

 

→【次ページ2/3】語学学校で覚えた言葉は韓国語?

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

 
 
榎本 晋作
28歳の時にワーキングホリデーでイギリスに。ロンドンでは留学エージェントの立ち上げを経験。在英中に立ち上げた自身のブログは日本ブログ村PV(アクセス)ランキング1位。帰国後『イギリス・ワーホリ留学ガイドブック』を電子書籍にて出版し、Amazon海外留学対策ランキング1位を獲得。高3時点での英語の偏差値は32。(今でも苦手です。)